きみもリトルスター

星の数だけ吐き出したい気持ちがある @com_atcom

"良かれと思って"が通用しない世界

 

 

f:id:namiolist730:20170607211817j:image

 

 

 わたしが初めて社会人として会社に就職をして、仕事を始めた時。

 

 

同期はわたしと清子の2人だけで、でも清子がいたことで心持ちは随分違った。

 

 

入って2年の先輩もいたし、10年近くいる先輩もいた。

そして、30年ほど働いているベテラン先輩もいた。

 

 

わたしはその時"いい子"であったから、「積極的に動くほうがいいはず」「気配りをしよう!」「後輩っぽく話すべきだな」など、自分で決めたルールに沿って、"いい子"であり続けた。

 

仕事が早いね

気がきくね

かわいいね

 

 

今となってはただのおべっか。

そう見えてるわたしって、やっぱりいい子ね。

なんて、自画自賛したりして。

 

 

ある時、30年ほど居るベテラン先輩が、いつもやっている仕事を忘れていたので、「気の利く」わたしはその仕事を少し手伝った。

 

 

 

 

 

期待していた。

 

 

 

 

「助かったよ〜〜〜!」

 

 

を期待して待っていた。

 

 

 

でも、現実は違った。

 

 

 

 

 

 

 

「わたしの仕事なんだから、勝手にやらないでよ!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガンッと頭を殴られたような衝撃。

 

え?なんで?どうして?

 

だって、助かったでしょう?

 

一生懸命やったわたし、助かったでしょう?

 

 

 

 

おかしい。おかしいなぁ。

 

 

 

 

そう。わたしはあの時全くわかっていなかった。

 

 

人には人のテリトリーがあって、「ここまではしてもいいけど、これはわたしがする」という範囲がきまっているのだ。

 

"自分だけの仕事"をきっとどこかで求めている。

 

他人に任せたくない、わたしだけの仕事。

 

 

 

30年経つベテランだって、そういうのだ。

 

 

 

 

最初はわからない。

誰がどの程度仕事ができて、どんな性格で。

 

自分がどれだけ仕事ができて、どう思われているか。

 

 

少し働いてみると、少しそのことがわかって。

 

 

なんとも言えない気持ちになる。

 

わかりたいような、

 

でも多分、わかりたくない気持ち。