読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きみもリトルスター

星の数だけ吐き出したい気持ちがある @com_atcom

傘はささない

f:id:namiolist730:20170504210206j:image

 

 

車の中に、傘は3本入っている。

 

大人用の傘と

折り畳み傘と

小学校から使っている傘

 

 

傘を入れている理由は、突然の雨に困るから。

いざというときに、すぐ出せるように。

 

 

 

つまらない話だが小学生用の傘は、職場の行き帰りに使っている。

駐車場から事務所に向かうまで50メートルほど。

傘立てといったものも特にないので、場所をとらずに手軽に使えるといったらこの傘しかなかった。

案外ひとが1人入るには十分なスペースがあるし、何より強度が抜群だった。

 

 

 

 

先日、テレビ番組を見ていると、「外国人は傘をささない」という興味のわく内容の話があった。

 

インタビューを受けていたアメリカの男性は「傘を持つのは面倒だ」と言っていた。

 

イギリスの男性は「少しの雨なら濡れても対して気にしない」と言った。

 

オーストラリアの女性は「逆に雨に濡れて服がきれいになるわよ」と笑った。

 

 

そうか、海外の人は傘をささないんだ。

 

 

 

 

それでは、何故わたしは傘をさすんだろう?

 

 

 

 

何かの本かテレビで、こんな諸説を聞いたことがある。

 

 

昔、駆け込み寺のようなところで生活をしていた人々は、時期が来るとその寺を出ていかなければならなかった。

着の身着のまま来た彼らは、当然荷物もなにもなく、出て行くときもそのままだった。

 

 

雨の降りしきる中、出て行く男性の姿を見かねた寺の僧侶は、彼に1本の傘を差し出した。

 

 

何もないけれど、せめてこの雨風を、少しでもしのげますように。

 

 

 

 

そこから、日本人は雨風をしのぐ、傘を必要としたと言っていた。

 

もちろん嘘かもしれない。

 

海外の湿度と日本の湿度が違うとか、ある国ではレインコートが主流だからとか、そんな説もたくさん見た。

 

 

ただ、わたしはこの説がとても気に入っている。

 

 

 

少しの雨ならたまには外国の人のように軽やかに歩いてみたり、

 

昔の人を偲びながら"傘"という慈しみをひろげてみたり、

 

 

 

 

雨を大切な1日として過ごしてみたいと、そう思う。