読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きみもリトルスター

星の数だけ吐き出したい気持ちがある @com_atcom

道の真ん中でステップ

 f:id:namiolist730:20170424001253j:image

 

 

 

 

ほんの少しのお酒と、申し訳程度のおつまみを一口つまんで、外に出た。

 

 

ついさっきまでスピードをあげた車が行き交う道路には、街灯がポツポツとあるだけ。

 

 

空は真っ暗で星も見えない。

 

 

自転車の練習をしていたあの子も、ブランコを譲ってもらったあの子もいない公園を横切って、そして、一歩踏み出す。

 

 

 

桜並木の真ん中に立つわたしはとても自由だ。

 

 

 

 

人の気配のしないこの道では、どちらが前で、後ろかもわからない。

 

どちらがどうだと、考えることもない。

 

どちらにいってもいい。

 

 

見えない誰かに手を振ってもいいし、寝転んでも、リズムを刻んでもいい。

 

 

家に帰ってもいいし、このまま歩いてみてもいい。

 

 

手拍子を鳴らしながら、習ったこともない自分勝手なダンスで踊る。

 

 

 

風が吹く。

 

 

 

わたしは、ここにいるぞ。